×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

うなぎの生態と分布

うなぎの生態は以外と知られていない。生態域は日本全国に分布。成魚が生息するのは川の中流から下流、河口、湖など、海の内湾にも生息。どこにでもいると言った方がいいかもしれない。 日本以外では朝鮮半島からベトナムまで東アジアに広く分布する。

うなぎはえらの他に皮膚呼吸もできる。濡れていれば切り立った絶壁でも体をくねらせて這い登る。 そのため「うなぎのぼり」という言葉の語源となっている。

細長い体を隠すことができる岩の割れ目などを好む。日中はその穴などで潜んでじっとしている。夜行性のため夜になると餌を求めて活発に動き出し、甲殻類や水生昆虫、カエル、小魚などいろいろな小動物を捕食する。

つまり生態からうなぎ釣りでうなぎを釣ろうと思えば「夜」なのである。

うなぎの生態

トピック

スポンサードリンク

Copyright © 2009 天然ウナギを食べよう! All rights reserved.
- テンプレートマジック -